給料が上がらないので交渉をするということ

昇進でもしない限り、黙っていては給料は上がりません。
交渉をすることによって、給料を上げることが出来る可能性もあります。
しかしその方法を間違えてしまうと、上がらないどころか評価が下がってしまう可能性もあります。
ですから給料を上げるための交渉は慎重に行っていく必要があります。

まずは同じ業界の他者の給料の相場を知ることです。
相場を知って、その相場よりも自分が得ている給料が低い場合には、相場の提示を行った上で交渉をしてみるとよいでしょう。
ただし、明らかに能力が劣っている場合には、交渉をするだけ無駄です。
自分の能力に応じた給料を得ているのかどうか、という部分がポイントになってくるので、適正年収チェックを利用してみるなど、今の自分の給料はどれくらいもらうのが適正なのか、ということを調べてみるとよいでしょう。

長年勤務をしているのに給料が全く上がらないという人もいます。
正社員であれば、能力次第では昇進をすることも可能でしょう。
正しい評価がされていない場合であれば、その旨を人事部に相談してみるのもよいかもしれません。

また個人で給料が上がらないという交渉をしても取り合ってくれないことがあります。
同じような悩みを持つ人たちが団結をすることによって、企業側と交渉をすることが出来るかもしれません。
労働組合が率先をして行うことが多くなっており、決まった時期になると給料の交渉をするようになる、ということがあります。

外資系企業の場合には能力に応じて給料が上がることが多いです。
能力がなければいつまで経っても給料は上がらないままです。
どれだけ企業に貢献をしているのか、ということも考えてみるとよいでしょう。

正社員の場合には労働組合があるので、相談もしやすいでしょう。
しかし契約社員や派遣社員の場合には、給料が上がらずにいってしまうことが多いです。
同じ派遣会社でキャリアなどを考慮して給料を上げてくれることもあるでしょう。
派遣社員や契約社員の場合には担当者がいることもあるので、担当者に直接交渉をしてみるとよいでしょう。
そうすることによって給料が上がるかもしれません。

企業の業績によっては給料が上がりにくいこともあります。
勤務をしている企業の業績が悪化している時に給料を上げる交渉をしても、前向きに検討をしてくれないことがあるので、交渉をするタイミングを図ることもとても大事です。
適した時期に交渉をすれば、給料アップにも前向きになってくれることもあります。

給料が上がらない理由とは

税率が上がったり、物価が上がったりすると自然と出費は増えます。
しかし収入が変わらないままだと生活は苦しくなります。
自分の仕事に誇りを持っていたり、夢があるので給料が低くても仕事にやりがいを得ている人はそれだけで十分かもしれません。
しかし今はワーキングプアという言葉があるように、仕事をしていても生活保護を受けている人の方が多くの収入を得ることが出来る、という事態も発生しています。
仕事をしていても、給料が低いので生活レベルが低いままである、という人はかなり増加をしており、社会問題となっています。

給料が上がらない理由を知っておくと、転職をする際に参考になることもあるでしょう。
理由を知らなければ、ずっと給料は低いままで生活水準も低いままになってしまいます。
今後、消費税率も上がるということなので、できるだけ給料が上がるようにその理由について調べてみましょう。

1つは企業側の問題です。
企業の業績が悪化してしまうと、利益を見込むことが出来なくなってしまいます。
利益が出なければ、従業員に給料を支払うことが出来なくなってしまいます。
中には役員の給料を何割かカットするという企業もあります。
特に不祥事が発覚をした直後というのは、自粛ムードも漂うので、役員だけではなく、社員全員の給与が何割かカットされることもあります。

不祥事がなくても業績が悪いと人件費を抑えるところから取りかかることになる場合が多いので、給与が下がってしまうことがあります。

もう1つはその人自身の問題です。
一般的に昇進をすることによって給与は上がります。
日本は年功序列を取っている企業がまだまだ多いので、能力がなくても昇進をすることが出来る企業はとても多いのですが、能力主義に切り替える企業も増加をしています。
そうなると、年齢を重ねても能力がない人というのは昇進をすることが出来ず、給料も上がらないままです。

昇進をするためには、正社員になる必要があります。
契約社員や派遣社員のままだと昇進をすることができません。
正社員として就業をし、能力を発揮したり、努力をすることによって、給料を上げることも可能なのです。
能力や努力をキチンと認めてくれる企業でなければ意味がありません。

年功序列ではなく、能力主義でしかも努力などを認めてくれる企業であれば、自分の頑張り次第で給料も上がってくる可能性があります。
理由が分かってくれば、そのポイントを抑えて給料が上がるように頑張ればいいだけです。